スノーボード楽しむために最低限必要な滑るためのギアとは?

スノーボードを楽しむのに最低限必要な用具のうち、一般的に「ギア」と呼ばれるものが下記になります。スノーボードに必要なアイテムは、子供でも大人でも同じです。子供用スキーを購入するとき、「来シーズン以降は身長も伸びるから今年は長めのボードを」などというのは間違い。上達の妨げになってしまいます。成長期の子供であれば、レンタルを有効利用するのも手です。

スノーボード板

19-20 SCOOTER DAYLIFE

 

スノーボード選び方の基準としては身長・体重が1番の目安になり、身長からマイナス15cm~20cmが基準になります。また今のスノーボードの形状は1つではなく1番オーソドックスなキャンバーボードからロッカーボード・ダブルキャンバー・パウダーボードなど様々な形状があるため自分に合ったスタイルの板を選ぶようにしましょう。

※キャンバーボードとは従来のスノーボードの形状でボードの真ん中部分が浮いていてもっともベーシックなボードです。反発力が比較的に高く、しかも板のしなりを多く出すことが出来るのでフリーライディング、ワンメイク(ジャンプ)、ハーフパイプ等で大きく力を発揮してくれて一番のオールラウンドボードと言えるでしょう。

 

鉄板のSCOOTER DAYLIFE 2019-2020モデル

SCOOTER DAYLIFE 19-20 商品説明

快適なフリーランとカービングターンを追求した結果、SCOOTERの最新技術であるパワーカーブ(マルチサイドカット)を採用、容易なターンの導入やテールの粘りを引き出ため、サイドカーブはノーズR<テールR<センターRの比率によりセミテーパードシェイプになっている。このシェイプの採用によりボードの軽快感と安定感を高いレベルでバランスすることが可能になると同時に、取り回しの良さ、バランスの取り易さ、力強いカービングターン や凹凸の衝撃吸収など、ピステンバーンやパウダー、不整地やアイスバーン問わず、常にフリーラン時における快適性を損なうことなくライディングをサポートすることが可能となっている。20年間変わらぬコンセプトで「滑り」を追求し続けているDAYLIFEはリラックスしたクルージングから本格的なカービングターンまで安心して乗り込める乗り幅を誇るオールラウンドモデルです。

※私が、SCOOTER DAYLIFE  19-20に乗った感想ですが、何年たっても鉄板の乗りやすさです。文句の付け所が無く書くことすら無い感じです。

 

最高のパウダーボード SCOOTER DAYLIFE VERNIER 2019-2020モデル

SCOOTER DAYLIFE VERNIER 19-20 商品説明

コンパクトかつ軽量設計による軽快なスイングウエイトと綿密に計算されたSロッカーによるパウダーでの浮力と動き易さを追求したモデルがDAY LIFE-VERNIERです。テール側に深めのラディアスが配置された2Rサイドカット、そしてテーバードされたシェイプと少なめのセットバックは深い雪の中でも高い浮力とテールを含めたボード全体を使って遊びながら自在に動き回れる機動性を提供します。パウダー内での切り返しのスムースさやフロントターンの入り易さに加えて、パウダーでのオーリー能力、テールを使った爽快なターン、容易なスピードコントロールなど、混んだツリーランでも行きたいラインを正確に素早く描ける操作能力を最大限に追及しています。また凹凸に叩かれ難いノーズフレックスなど不整地にも強く、ピステンバーンでは気持ちのいいカービングターンも実現するパウダーモデルです

※私が、SCOOTER DAYLIFE VERNIER 19-20に乗った感想ですが、パウダーでの浮力・操作性共に最高の板です。また、ピステンでのカービングからのリバースターンなど軽いラントリもできフリーランがメイン方には最高の1枚に成ります。

 

スノーボードブーツ(ソフトブーツ)

 

19-20 DEELUXE

スノーボードのブーツ選びは装具選びの中でもっとも重要に成ります。特に初めてブーツ選ばれる方にとっては何を基準で選べば分からない方がほとんどだと思います。ブーツ選びの基準は特にあるわけではないのですが、まずは自分の本来の足のサイズが何CMなのかを知ることです。 スノーボードのブーツは自分の足より大きくても良くないですし小さくても駄目です。より自分の足のサイズを性格に知ることが一番大切です。そこで自分のサイズを知ることが出来たらブランドごとに作りが変わってきますのでやはり多くのブーツを履き比べて試してみることです。またブーツの中には形状を変えることが出来るものもありますので、やはりブーツも履き試しながら相談して選ぶことをオススメします。

 

 

 

 

バインディング(ビンディング)

ビンディングの選び方の基準はまず大事なのがブーツとの相性が一番!どのブランドを使用しているかによって使用するビンディングのブランドを選ぶといいんでは無いでしょうか?使用ブランドが決まれば後はモデルを何にするか??モデルの選択は自分の滑るスタイルによって変化します。フリーライディングやワンメイク、ハーフパイプなどに使用したい人は硬めなビンディンググラトリやパークで遊びたい人達にはやわらかめなモデルがオススメです。ブランドによって多少変化したり使用者のレベルや脚力によって変化するものですので、特に始めての方は相談しながら購入することをオススメします。

 

 

 

スノーボードウェア

基本的には防水性、保温性やベンチレーション、パウダーガードなどの機能性を重視して選ばれるタイプの人とデザイン性などの見た目で選ばれる人など様々ですが、最近ではファッション性の強くデザイン性にこだわる方が多いでしょう。またサイズなども気になる方が多くいるでしょうが、ブランドやモデルなどでサイズの大きさなどが全然違う場合もありますので、まずは気になるウェアがあれば着てみることをお勧めします。ここ近年では細身のスノーボードウェアも多くなってきていますので、色々試してみるのもスノーボードウェアを選ぶ楽しみのひとつでしょう。

ニットキャップやヘルメット

ニットキャップ(ニット帽)は、スノーボードを行う上で絶対に必要なアイテムで防寒性を高めてくれるだけでなく、転倒時には頭を守るアイテムでニットキャップを被っているだけで防げる事故も多く存在します。できればヘルメットをかぶる方が良いですが、最低限しっかりとニットキャップはかぶりましょう。

ヘルメットもプロテクター同様、重要な体を守るアイテムです。が、ヘルメットの重量のせいで逆に首を痛めてしまった、等という事故も発生する可能性があるアイテムですので、慎重に選びましょう。頭もヘルメットも固いもの同士なのでフィッテングが難しいと言われる方が多いのも特徴です。ニットやパッドの調節で自分にフィットする着け心地を出せる工夫が必要でしょう。

ゴーグル(サングラス)

ゴーグルの選び方としては自分の顔にフィットするかどうかが大事です。隙間が出来ていると曇りの原因となってしまいますので自分の顔の形にあったフレームを選ぶことが大事です。またレンズの種類としてフラットタイプのレンズかもしくは球面タイプのレンズがあります。フラットのレンズは比較的に低価格で今ではスペアレンズなどが付属しているものが多いでしょう。また球面レンズではフラットに比べると価格は上がりますが視界の広さと強度更には曇りにくいメリットがあります。どちらを選ぶかは個人差がありますが自分にあったブランド・モデルをしっかり選びましょう。

グローブ

初心者の方だと非常に手をぬきがちなグローブですが、ペラペラですぐ濡れてしまい防寒性が低い物を選んでしまうと冷たすぎてスノーボード自体を楽しめなくなってしまいます。脚ばかりを使うスポーツだと思われますが、ブーツの調節はもちろん板の脱着は全て手で行うため防水で暖かいものを選びましょう。

グローブの中には大きくパイプグローブ・スプリング・通常グローブがあります。パイプグローブは比較的に薄い作りになっていてフィット感がよく指先の感覚がいい為パーク内で使用する人や春先に使用する人が多い。スプリングはパイプグローブよりも少し厚い作りになっていてオールラウンドで使用しやすいモデル。

スノーボードの小物とアイテム

上記のように絶対に必要では無いですが、有れば便利な物を紹介します。

リーシュコード

リーシュコードを付けるのはスノーボードを滑るうえでのマナーです付けるようにしましょう。リーシュコードとは、スノーボードにはスキーのように流れ止めが付いていない為、ブーツを板から外した時に流れて行くのを防止する為の物です。

プロテクター

楽しい趣味で怪我をしてしまうと言うのは非常に残念なことです。プロテクターはどんなときでも貴方の体を守ってくれています。「これを付けていれば怪我をしない」と言うものではありませんが、「必ず怪我の度合いは軽くしてくれる」そういったすばらしい機能があります。クッションの入り方や衝撃の吸収度合いなどいろいろなタイプがありますが、フィッティングが非常に重要なアイテムとなりますので、必ず試着して選びましょう。

ボードケース

ボードケースは大きくソールガード・ボードケースの2種類があります。ソールガードとはボードケースよりコンパクトでボードに密着してエッジなどを守る為につける物になります。また社内に積む際にも傷つけない為にも最適です。社内積む方やキャリアに積む方に最適なケースになります。ボードケースとは一般的でブーツなども収納が可能で遠出の方やツアーバスなどでの移動には最適です。また金額により収納量やキャスター付きなどもあります。

パスケース

最近はゲレンデによって昔ながらのペーパーチケットを係の人に見せる所もあれば、ICチップの入ったカード式もあり、チケットをかざす場所も様々です。チケットホルダーがついているウエアもたくさんありますが、それが使いやすい位置にあるとは限りません。カードサイズが収まるパスケースを持っておけば、好きな場所に収めておけるので、どんな改札でもスムースに対応できます。チケットとお札やコインを別スペースに分けて収納できるものなら、ICの読み込みエラーの心配も少ないでしょう。
また、ウエアに普段の財布をそのまま入れて滑っている人をよく見かけますが、落とした時のリスクを考えると、パスケースに必要なだけのお金を移し、財布は安全な場所に保管しておくことをおススメします。

ワックス

せっかく滑りに行ったのに、板が全然走らない時ほど面白くないことはありません。しかし、ホットワックスをするにも手遅れだし、スプレータイプの簡易ワックスは長持ちしない。そんな時は、生塗り用のペーストワックスが活躍します。専用のコルクやスポンジで、半練り状のワックスを直接ソールに塗り込んでいくだけでOKです。
GALLIUMやマツモトワックス、OneBall Jay、DOMINATORなど各メーカーから出ているので、好みのブランドで全天候型のものをひとつポケットに忍ばせておけば、いざという時も安心です。

携帯ドライバーセット

スノーボーダーならば、誰もが一度は雪山でバインディングのビスを絞め直した経験があると思います。もしくはスタンスの調子が悪くてセッティングを変えたり、予想外のパウダーでセットバックを入れたりするのに、ゲレンデにあるセッティング台はまでは、遠い・順番待ちで時間が掛かる。そこで、コンパクトに持ち運べるマイドライバーセットを携帯しておけば、セッティングコーナーを探すことなく、順番待ちをすることもなく、いつでもどこでもささっとアングルを変えたり調整することができるのです。バインディングの増し絞めやセッティングの変更だけでなく、ストラップやハイバックの付け根のビスが緩んでいて絞めなければいけない時もありますが、ゲレンデにあるドライバーのサイズが必ずしも合うとは限りません。最悪の場合はケガにも繋がる危険もあるので、自分の道具に合うドライバーセットを常に持ち歩いておいて損はないでしょう。