スノーボードのスタンスには、レギュラースタンスとグーフィースタンスが有ります。

  • レギュラースタンス:左足を前・右足を後ろにしたスタンス
  • グーフィースタンス:右足が前で左足を後ろにしたスタンス

ここで勘違いして欲しくないのは、スノーボードにおいては右利き・左利きという概念は特に無く、左足が前なら「レギュラースタンス」、右足が前なら「グーフィースタンス」と呼びます。

 

自分のスタンスは?

それでは、自分のスタンスはどちらでしょう?レギュラーでしょうか?グーフィーでしょうか?一般的な例で言えば、右利きの人はレギュラースタンスで、左利きの人はグーフィースタンスです。

簡単な見分け方として、右足でボールを蹴る人はレギュラースタンスですね。ボールを蹴るとき、軸足として左足が前にいますよね。また、ボールを右手で投げるときも同様に左足が前にいます。一般的に何でもそうですが、軸足が前で利き足が後ろです。

勿論、右利きのグーフィースタンスがいないわけでは有りませんが、こだわりなく決めるなら、右利きならレギュラースタンスです。左利きならグーフィースタンスです。

上記は一般的なスタンスの決め方ですが、不安な方は、レギュラー・グーフィースタンスとも試して見るもの良いと思います。

スノーボードの板はレギュラー用・グーフィー用が有るわけで無い為、何方のスタンスでも滑る事が出来ます。そして、スノーボードの板と自分の足を固定するバインディングは、自分の好きなように何度でも設定を変えることが出来ます。なので、もし右利きだけどレギュラーは滑り難いと感じたら、同じ板でグーフィーに変更することが可能です。

それに、スノーボードのスキルが上達してくると、レギュラーからグーフィーに、グーフィーからレギュラーにスタンスをスイッチしながら滑れるようにもなります。とりあえずスタートをどっちのスタンスで始めるのかと言うだけなので気軽に決めてください。

馴染むようなら、それがメインスタンスになります。

また、スケボーをやってる人なんかは、自分のスケボーのスタンスと同じスタンスをとればいいと思います。そういう方はわかると思いますが、1つのスタンスを覚えると、それを逆にするのって最初は意外と難しいんですよね。

スケボーのような似たような姿勢をとるものをやっていない人は、スノーボードの関してまっさらな状態だと思いますので、どちらのスタンスを選んでもいいと思います。

 

こんな決め方も・・よく言われているのが、以下のようなことです。

 

  • ボールを蹴る時、右足の人はレギュラースタンス
  • バットと持った時、右打席に立つ人は、レギュラースタンス
  • 誰かに急に後ろから押されたら左足が前に出たらレギュラースタンス
  • お風呂に入る時に、左足から入る人は、レギュラースタンス
  • 股関節の開き方が、左足の方が大きい方は、レギュラースタンス

 

確かに当たっていないことはないだろうけど、必ずしもそうでないところもあります。スノーボーダーは最終的には、どちらも滑れた方がいいです。なぜなら、その方が遊び方が広がるし、筋力の使い方のバランスも良いからです。ターンができるようになったら、すぐにスイッチ(逆足)のスタンスのライディングも練習しましょう。私のように長年レギュラーばっかりで滑っていると身体が歪んでしまい、スイッチ・ライディングで苦労することになります。