ゲレンデでは、初心者から上級者まで多くの人が楽しんでいます。レベルごとにコースが分かれていますが、何も予備知識なくコースに出るのは交通ルールを知らずに車を運転するようなものです。初めてコースに出たばかりの初心者がついやってしまいがちな、マナーやルール違反を紹介します。

 

ゲレンデにゴミを捨てない

 

妙高市立妙高高原北小学校の児童が地元のスキー場でゴミ拾い。

ゴミ拾いをしたのは4年生から6年生までの児童47人。妙高高原北小学校では、1月から3月にかけてスキー授業やスキー部の練習で赤倉観光リゾートスキー場と赤倉温泉スキー場を利用している。この日は、お世話になったスキー場に感謝の気持ちを表そうとゴミを拾った。雪の消えたゲレンデやリフト乗り場の周辺ではペットボトルや紙くず、たばこの吸い殻などが次々と見つかる。なかにはスマホもあった。 学校によると年々ごみの量は減ってきているというが、1時間ほどの作業で45リットル入りで4袋分のゴミが集まった。 児童からは「ごみを捨てる人は、ここに住む人のことを考えない」といった厳しい指摘も。「自分のごみは自分で持ち帰って」といった声も上がった。

当たり前のことですが、コース内にゴミを捨てる行為は論外です。滑ってくる人にとって小さなゴミも事故やけがのもとになりますし、そもそも雄大な自然を愛する人たちが集まるスキー場にゴミを捨てるような人は、スキーやスノーボード(スノボ)をする資格がないといってもいいすぎではありません。ゴミはポケットなどに入れておき、ロッジなどに設置されたゴミ箱に捨てましょう。

 

他人のスキー板やスノーボードを踏まない

当然のマナーです。ふちについた金属のエッジで傷つけてしまうことがあるので、非常に嫌がられます。とくに人が多いゲレンデの下のほうでは、周りに人がいないか確認してから移動を始めましょう。人の多い所では譲り合って行動するように心がけたいものです

 

スノボの流れ止めは外さない

スノボで滑る場合、前足側につけるリーシュコード(流れ止め)は絶対にボードが流れていかないという場所以外では、絶対に外さないでください。スノボが勝手に流れて滑っていってしまったら、もしも人に当たった場合、その人に大けがさせてしまいます。

斜面のコースで流れ止めを外すことは厳禁ですが、食事や休憩などの際も、念のため、バインディングを先に外して、ボードをしっかりと手に持ったあとで流れ止めを外すようにします。

 

上から見えづらい場所で止まらない

上のほうから見えづらい場所で止まったり休んだりするのは厳禁です。滑ってくる人から死角になっている場所に立っていると、衝突される可能性があり、大けがの元になるので非常に危険です。初心者の人は「まさかここを滑ってくることはないだろう」と考えがちですが、上級者の人は想像もつかないコースを滑ってくることがあります。くれぐれも、木の陰など上から死角になっている場所では立ち止まらないようにしてください。

 

コース上に座り込まない

死角になっていなくても、コース上に座り込む行為は滑っている人にとって邪魔で、非常に危険なので絶対にやめましょう。どうしても疲れてしまって動けないという場合は、コースの端のほうに移動してください。

 

複数人で止まるときは縦に並ぶ

狭い道路などでもそうですが、コース内において仲間どおしで横に並んで止まると、滑ってくる人にとってとても邪魔になります。複数の人が止まる場合は、縦に並ぶようにしてください。

 

メインコースを滑っている人優先

コースが合流しているような場所では、メインコースを滑っている人が優先されます。これは車の優先道路と似ています。その場合、太い主要道路のほうが優先されます。ゲレンデも同じで、迂回路を滑ってきたような場合は、メインコースを滑っている人とぶつからないようによく注意しましょう。どちらがメインコースか判然としない場合は、どちらが優先的に滑れるということはありません。ただし、お互いによりいっそう注意し合うことが大切です。

 

下のほうの人が優先

同じコースを複数の人が滑っている場合は、下のほう(前のほう)を滑っている人が優先されます。もしも追い越すような場合は、ぶつからないように余裕をもって、前を滑っている人の邪魔にならないように、十分に距離を取って追い越すようにしてください。

 

滑っている人が優先

同じコース上で、滑っている人と止まっている人がいる場合は、滑っている人が優先です。止まっている人が滑り出す場合は、上のほうをしっかり見て、滑ってくる人がいないか、よく確認しましょう。滑ってくる人の邪魔にならないように、十分に間隔を取って滑り出すようにしてください。

 

コース外を滑走しない

スキー場で定められたコースは、安全に滑走が行えるようにしっかりと整備されています。逆にコース外は斜面の整備が行われていないので、非常に危険な状態です。雪に隠れて見えない段差が潜んでいたり、斜面の途中に木が生えていたりと、事故やけがにつながる障害がたくさんあります。また、コース外で事故が発生した場合、救助費用は全額自己負担になることが多いようです。どんなに魅力的であっても、コース外を滑らないということは肝に銘じておきましょう。

 

スキー・スノボーはみんなで楽しむスポーツです。お互いに楽しめるように、ルールやマナーを守りましょう!