スキーやスノーボードなどの道具やウェアを持っていなくても、レンタル施設があれば手ぶらでも大丈夫です。ギア(用具)のレンタルは、スキーとスノーボードのセットが基本です。スキーに必要な用具は、スキー(板)とブーツとポール。スノーボードならボード(板)とブーツです。これらの道具がまとめて借りられるのがレンタル施設です。単品でレンタルできますが、用具とウェアがセットになったお得なレンタル料金も用意されています。レンタルの手続きは、申込み用紙に身長や足のサイズなどの必要事項を記入して受付に渡すと、スタッフが用具を選んでくれます。

 

おやじからのプチアドバイス

スノボに必要な物のうち、ボードセット(ブーツ・リーシュコードなどを含む)とウェアは、ほとんどのスキー場で借りることができます。ですが、それ以外の小物(グローブ・帽子・ゴーグル)は借りられないことが多く、その場合は購入することになります。「なんでも借りられる」と思ってスキー場に行くと、予想外の出費で苦しむこともありますから、レンタルの内容は必ず出発前にチェックしておきましょう。スキー場によっては、プロテクターやヘルメットといった、練習に役立つグッズのレンタルが行われていることもあります。

※レンタルをする際には身分証明書の提示を求められることが多いので、免許証や保険証などを持っていきましょう。