初心者でも出来るホットワックスの手順

今回は、マツモトワックスさんが配信している動画を使って、初心者や女性の方でも出来るホットワックス手順を解説していきます。そして、私のお勧めワックスも記事の中で少し紹介させて頂きます。

 

上記のホットワックス入門セットですが、最初は何を買って良いか解らないと思います。其処でセット購入するのも、単品購入より値段が抑えられて良いかと思います。

 

1.ワックス前の準備〜ビンディングを外す.

 

ビンディングを外す必要

ビンディングを外す理由は、ワクシングの際にその部分だけ均一に塗れなくなる場合が有るため、メンテナンスを行う際は、バインディングを外す必要があります。しかもクリーニングやワクシングの際に邪魔になります。

ビンディングはドライバーで簡単に外すことができるのですが、初心者の方などビンディングを外す際は、付いていた位置(スタンス幅)を忘れないよう注意してください。スタンス幅や角度を忘れてしまうと、取り付けが難しくなってしまいます。

 

 

2.ボードのチェック.

 

板のチェックポイントと清掃

バインディングを外したら、ソール全体の汚れを流水で落としてください。その後、ウエスなどの汚れてもいい布で水気をしっかり拭き取ります。水洗いでデッキ面の落ちなかった油や汚れは、「リムーバー」や「クリーナー」を使って浮き上がらせます。リムーバーやクリーナーをデッキ面に塗り込んで、汚れとともに拭き取ってください。板の側面(エッジ)のサビも、金属用サビ落としなどで落としておきましょう。サビは放置するとボードの深部まで進行し、自分ではどうしようもなくなってしまいます。エッジのバリもしっかりチェックしましょう。

 

 

3.リムーバーを使う.

 

「リムーバー」とは

「リムーバー」とは、その名の通り汚れを除去するもの。スキー板やボードの滑走面の汚れを綺麗に落とし、次回の使用に備えてメンテナンスをするアイテムです。またワックスがけをする前に、目立つ汚れがあればリムーバーを使って落としたあとにワックスをかけると、ワックスが滑走面により定着しスムーズに滑ることができます。

 

 

4.クリーニングワックスをアイロンで塗る.

 

クリーニングワックスを生塗りする塗り方

クリーニング用のワックスを、ソール全体に直接塗っていきます。塗り方は、こすりつけるような感じでしっかりと塗ってくださいね。ワックスを塗りにくい場合は、アイロンにワックスをあててから生塗りすると、塗りやすくなります。

 

クリーニングワックスをソールに垂らし塗る

塗り方は、ワクシングペーパーをソールにひいてから、温度を上げたアイロンに、直接クリーニングワックスを押し当て、ワクシングペーパーの上に垂らしていきます。そして、ワクシングペーパーとアイロンを一緒にソール上を移動させながら、ワックスを塗り広げていきます。

 

 

5.スクレーパーでwaxをはがす〜ブラシで仕上げる

 

素早くクリーニングワックスを削り落す

ここからは手を止めず、クリーニングワックスが乾かないうちに、スクレーパーでワックスを削り落としていきます。スクレーパーでムラなく完全に落としきることが大切ですよ。スクレーパーをしっかりかけることで、次の工程にも響いてきます。

 

 

6.滑走ワックスの塗り方 ベースWAX塗り方も基本的には同じです

 

ベースワックスを塗る頻度は?

塗る頻度としては、そこまで毎日のようにガッツリと滑るのでなければ、ベースワックスに関しては、シーズン初めと、シーズン中雪面温度が変わるようなら塗りなおし、シーズン終わりにまたかける程度の頻度で大丈夫です。

※私の場合ですが、ガッツリと滑るので2~3回滑走毎にホットワックスを入れています。

 

 

7.スクレーパーでワックスをはがす.

 

クリーニングワックスを削り落す

クリーニング時と同様に、しっかりと固まったワックスを、丁寧にスクレーパーで削り落とします。ポイントは、しっかりとワックスが固まり定着したことを確認してから作業に入ることです。せっかくのホットワックスが定着前にはがれてしまいます。

 

 

8.仕上げのブラッシング.

 

ブラッシングとファイバーテックスで仕上げる

スクレーパーで削り終わったら、こちらもクリーニングと同様、ブラッシングとファイバーテックスで仕上げていきます。ブラシにもいろいろな種類があり、ここもこだわりポイントです。

ボアブラシに、ナイロンブラシ、馬毛ブラシにファイバーテックスと様々なブラシとかけ方があるのですが、最後にファイバーテックスを丁寧にかけていくのが、個人的にはおすすめです。慣れてきたら、他のブラシも試すといいでしょう。

 

 

9.スクレーパーをかける際の注意〜エッジに付いたwaxをはがす.

 

注意点

スクレーパーで削る時の方向だけ注意すれば大丈夫です。

 

 

10.アイロンのやめ時について.

 

掛け過ぎに注意

ソール面をアイロンでワックスごデッキ面を触って温かければ十分です。

 

 

11.用具のお手入れ.