スキーヘルメットの必要性は?

スキーヘルメットをかぶった方がいい理由は多くの人がつけているニット帽に比べて頭をしっかりと守ってくれます。スキー場では人が多く混雑した状況でいつ事故が起こるかわかりませんスキーヘルメットをかぶることをおすすめします。

スキーヘルメットはダサくない?

スキーヘルメットに対してダサいというイメージがある方も多くいらっしゃると思います。シンプルなデザインからおしゃれなデザインのものまで販売されているのでお好みのデザインのものを選ぶと良いです。 シールなどを貼って自分でおしゃれにデザインするのも良いです。

スキーヘルメットをつけるメリット

1、安全

頭部をしっかり守ってくれるので安全です。家族でスキーに行く場合特に小さいお子さんにはスキーヘルメットをつけてあげた方がいいです。 スキー場は非常に混んでいるのでいつ衝突・転倒や事故が発生するかわからないので大人もつけておくと安心です。小さい子はうまく滑れないので木と衝突なんてこともあります。しっかり対策しておいた方が良いでしょう。

2、保湿性

ヘルメットをつけておくだけで中はとても暖かく、ニット帽のように雪が溶けて中まで水が染みてくることもないのでとてもおすすめです。 皆さんも一度は帽子がびしょびしょになって冷たいという思いをしたことがあるのではないでしょうか? 今ままで雪で冷たい思いをしていた、あなたもこれでもう卒業です!保湿性に優れているので中に熱が閉じ込められしっかりと暖かさを保ってくれます。

3、ゴーグルが曇りにくい

スキーヘルメットの中にはゴーグル一体型のものやゴーグルが曇りにくい構造になっているものもあります。ゴーグル一体型モデルやゴーグルが曇りにくい構造のものを着用するとゴーグルが曇りにくく、衝突などの事故も減らせるのでおすすめです。視界がクリアな分、安全性も高くなります。視野が広いタイプのものだと尚おすすめです!

上記以外にもメリットは様々あります。最初はダサい、邪魔、重いなど抵抗があるかもしれませんがヘルメットを被っていた方が意外と快適なのかもしれませんね!

スキーヘルメットをつけるデメリット

1.着脱が面倒

慣れると楽ですが、最初のうちは着脱が面倒です。 しかし、片手で簡単に外せるものや着脱が簡単なものも発売されているので着脱が面倒という方は着脱簡単なモデルを購入すればデメリットが解消されます!

2.邪魔になる

休憩中やスキーに行く前の持ち運び中に少し邪魔に感じることがあります。 しかしコンパクトにまとめることのできるタイプのスキーヘルメットも販売されているのでコンパクトにできるタイプを購入すれば解決できます。

いかがだったでしょうか?メリットの方が多くあり、デメリットも物によっては解消されます。是非スキーヘルメットの着用をおすすめします。