スノーボード グローブの選び方

スノーボードやスキーなど、雪山でのレジャーにはグローブが必須です!寒さを防ぐための他、思わぬ怪我から手を守るためにもグローブ選びはしっかりと行いましょう。特にまだスノーボードに慣れていないビギナーの方ですと、何度も転倒の際に雪に手を着く機会が訪れますので、良いグローブは必需品。まずはグローブのタイプ別、また購入の際のポイントについて、ご紹介していきます。まず、スノーボード用のグローブには、大きく分けてミトンタイプと五本指タイプあります。

ミトンタイプ

ミトンタイプ

 

上の画像は、親指とその他4本の指をまとめて入れるミトンタイプです。ミトンタイプの特徴は、親指以外の指が一つのエリアにまとまっているため、体温が逃げにくく暖かさを維持しやすい利点があります。また、溶けた雪などの水分は、グローブの指先の縫い目などから、侵入しやすいでが、ミトンタイプのものは、5本指タイプのものより縫い目が少ないため、その分濡れにくいことが特長です。

デメリットとして、ミトンタイプは指ごとに分かれていないため、動かしにくく細かい作業を行うには不向きです。特に初めてスノーボードをされる方は、靴とスノーボードを固定するための器具(ビンディング等)を、調整しようとしたときに手間取ってしまうことがあります。

5本指タイプ

 

基本的には、ミトンタイプと対になるような特徴があります。メリットとしては、指先が分かれているため、器具の調整やウェアをミトンタイプより楽に調整できます。また、グローブをつけたままで、スマホ操作ができるモデルもあり、SNSへの写真投稿や動画撮影を行いたいときには重宝します。一応、ミトンタイプにも、スマホ操作できるモデルはありますが、やはり5本指タイプのほうが、それぞれの指を動かせる分、使い勝手は上といえるでしょう。

デメリットとして、指が分かれていることでミトンタイプのものより縫い目が多く、風や水分が入り込みやすく、暖かさに欠けることがあります。また、濡れてしまうと乾きにくいというデメリットも。直接肌に触れる内側を乾かしたほうがいいので、インナーを取り出すか表に引っ張り出すなどして乾かすとよいでしょう。

 

耐水性をチェック

スノーボードに転倒はつきものです。グローブの耐水性が低いと手をついた際にグローブ内に冷たい水が染み込んでしまい、しもやけの原因にもなります。せっかく楽しく滑っていても指先がびちゃびちゃで冷えてきては長い時間、楽しめません。其処で、グローブ選びのポイントですが耐水圧が、10,000mm以上あるものを選ぶようにしましょう。

 

インナーをチェック

グローブは直接肌に触れるものなので、清潔に保つためにも洗濯をする必要があります。その際に、インナーが取り外せるレイヤータイプのものや、アウター含めて丸洗い可能なものであれば、洗濯しやすいためおすすめです。したがって、その点も踏まえてグローブを選んでいくとよいでしょう。

 

自分の手に合うサイズのものを選ぶ

自分の手の大きさに合うかどうか、きちんと確認して購入することはとても大切です。小さいサイズのものでは、使う度に窮屈に感じてしまいます。逆に、大きいサイズのものでは指周りが余ってしまい、作業がしづらくなってしまいます。

グローブをはめたときに、自分の手や指にフィットする大きさであることが望ましいです。同じサイズ表記でも、メーカーによって若干の違いがあったりするので、グローブの試着は必ず行い、自分自身で確認するようにしましょう。

 


グローブの選び方のまとめ

どちらも長所はあるのですが、5本指タイプの方が細かい作業がしやすく、ボードの取り外しやリフト券を出したりする際もスムーズに指を動かせるので、初心者の方にはオススメです。ミトンタイプは、スノーボードに慣れてきたら着用してみてはいかがでしょうか?また、耐水圧10,000mm以上・インナーが取り外し可能なタイプを選び、グローブの試着は必ず行うようにしましょう。