スノーボードの道具を揃える時に悩みがちなのがブーツ選びですが、選び方はみなさんは何をポイントにしていますか?自分の足に合っていないものを選ぶと痛みを伴うだけでなく、パフォーマンスにも影響が出て、ストレスになることもあります。そこで今回は、スノーボードの上達に意外と重要なスノーボードブーツの選び方を書いていきます。

スノーボードブーツの選び方(ブーツの種類から選ぶ)

紐タイプのブーツ

紐を使って締めるタイプは、部分的な締め具合なども細かく調節できます。また、万が一紐が切れてしまった場合でも、自分で交換や修理が可能です。一方、紐を締め上げる時にはある程度の力が必要なので、手間がかかるというデメリットがあります。握力に自信がないという方やスノーボード初心者の方はその点を留意しておきましょう。

 

ボアタイプのブーツ

ボアタイプは、紐の代わりにワイヤーを使って締めるのが特徴。ブーツに付いているダイヤルを回すだけで、ラクに締められます。締め上げに力が必要なく着脱も簡単なので、女性の方にもおすすめです。デメリットとしては、ダイヤルが壊れてしまった時には修理が必要となる点と、モデルによっては部分的にブーツの締め具合を調整できないという点が挙げられます。

 

スピードレースタイプのブーツ


スピードレースタイプは、ブーツの左右についた紐を上に向かって引っ張るタイプ。手軽に素早くブーツを締めることが可能なほか、締め付け具合の微妙な調節も簡単にできます。ボアタイプのブーツほどではありませんが、締め付け時にあまり力を必要としないので女性にも人気。デメリットに関しては、壊れた時に自分で修理するのが難しいという点が挙げられます。

 

試着してフィット感と履き心地を確認する

スノーボード用の靴下を必ず履く

スノーボードを楽しむ際は普段から履いている靴下でも対応できますが、寒さや冷えをケアするとなると厚手の靴下を用意するのがベスト。暖かさや軽さ、通気性を考慮したスノーボード用のアイテムもラインナップされているので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。なお、靴下の厚みは思っている以上に使用感に影響します。実際に履いてみるとキツさを感じたり、ストレスを感じたりする場合もあるので、ブーツのサイズ選びには靴下のことも考慮しておくのが重要です。

 

つま先が痛くならず、かかとが浮かないモノを選ぶ

ブーツの試着時は、つま先やかかとに体重をのせてみてください。つま先がブーツの内側にあたって痛いという場合、ブーツのサイズが小さすぎる、もしくはブーツの形が足に合っていない恐れがあります。かかとが浮いてしまう場合は、サイズが合っていません。かかとが動いてしまうと滑りづらく、ライディング中に擦れて靴ずれを引き起こす原因になります。かかとが浮かないサイズのブーツを選ぶようにしましょう。

 

痛いところがないこと

歩いたり座ったり、動いてみて、つま先やかかとだけでなく全体がフィットしているか、痛いところはないかを確認します。横幅が窮屈だったり、足の甲に痛みがあったりする場合は、ブーツがあっていない恐れがあるので注意が必要です。

 

 

ブーツの硬さを確認する

ブーツの硬さのことを「フレックス」と呼び、硬度が数値で表されています。初心者の方は100未満、中級者の方は100〜110、上級者は110以上を選ぶのが一般的です。硬めのブーツはトリックをメイクしやすいのがメリットですが、初心者の方にとってはスノーボードの操作が難しくなるのが懸念点。ハイスピードでのキレのあるターンやキッカーのジャンプなど、パワフルな滑りから足首を保護するという目的があるので、上級者の方におすすめです。