スノーボードのビンディングとは?

まずは呼び方ですが、2種類あり英語表記は”binding”で『ビンディング』or『バインディング』と呼ばれています。同じ物なので悩まなくても大丈夫です。
スノーボードのビンディングとは、スノーボードの板とブーツを固定するためのパーツを指します。ビンディングはターンをスムーズに行ったり、ジャンプの着地時の衝撃を吸収するなど滑走中の重要な役割を果たします。一口にビンディングと言っても種類がさまざま発売されていますが、本記事では最も一般的で人気のある「フリースタイルビンディング」についてご紹介します。

 

 

スノーボードのビンディングの機能

 

スノーボードのビンディングの役割は大きく分けて「スノーボードの板とブーツの固定」と「滑走をスムーズに行う」ことの2つに分けられます。ここではこの役割について詳しく解説します。

 

 

スノーボード板とブーツの固定

ビンディングはスノーボードの板にビスで取り付け、ブーツをストラップで固定し滑走します。しっかりと固定することで安全に滑走できることと、さまざまなトリックやスピンが可能になります。また固定の際はストラップの調整や、ビンディングとブーツの組み合わせ、取り付け位置が滑走にも影響しますので、選び方には注意しましょう。

 

 

滑走をスムーズに行う

ビンディングには、ターン時の過重抜重のパワー伝達をスムーズに行う、滑走時の足への衝撃吸収による負荷軽減などがあります。滑る側としては一番体感しにくいパーツかもしれませんが、選び方を間違うと滑りにくくなってしまいます。

 

 

ビンディングの選び方

ここでは、さまざまな種類が発売されているビンディングの選び方を詳しく解説します。ビンディングの種類はメンズ・レディス・キッズに分かれていて、サイズバリエーションもあります。自分に合ったサイズを選び、ブーツとの組み合わせを確認するようにしましょう。また自分の板に、選んだビンディングが取り付けできることも確認しましょう。

 

 

ブーツとの相性

ビンディングとブーツの相性は非常に重要です。相性が悪いと滑りにくくなり、そもそもビンディングにブーツがはまらない場合もあります。相性が良い組み合わせの基準は「ベースプレートの左右前後の隙間が少なく、ヒールカップとブーツのかかとに隙間が少ないこと」です。いざショップへ行くと種類が多いため、購入する場合は、一度ビンディングにブーツをはめて見るようにしましょう。

 

 

ビンディングを選ぶ際の注意

ビンディングの取り付け方法には大きく分けて3種類があります。

  1. バートンの「Channelシステム」
  2. バートンのビス3点で取り付け
  3. もっとも一般的なビス4点で取り付け

1と2はバートン独自の取り付け方法なので、バートンを購入検討されている方は注意しましょう。3は最も一般的でビス4点で取り付けする方法で、ビンディングと板のブランドが違っても問題ありません。

 

 

ビンディングの取り付け方法

ここではスノーボードの板へのビンディングの取り付け方法を解説します。取り付けには「レギュラーかグーフィーか」「スタンス」「アングル」「センタリング」など初心者の方には聞き慣れない言葉が出てきます。女性の方や初心者の方は、購入時にお店のスタッフに依頼することもできます。自信が無ければお店に依頼するようにしましょう。

 

 

レギュラーかグーフィーか

スノーボードは左足を前に滑る取り付けを「レギュラー」、右足前が「グーフィー」と呼ばれています。利き足が右の方は一般的にレギュラー、左ならグーフィーという具合です。右足と左足で取り付けるアングル(足の角度)が異なりますので、初心者の方はまずレギュラーで取り付けしてみて、違和感があればグーフィーにしてみましょう。

 

 

スタンスとアングル

アングルとは「足の角度」のことで、初心者の方は「前18~21度、後3~6度」程度が一般的です。多くのビンディングは3度刻みでアングルを調節することができ、一度滑ってみてからアングルを少し微調整することも可能です。
「スタンス」とは右足の左足の間の距離のことです。大抵のスノーボードの板には推奨スタンスが刻印されており、スタンス一度試しに滑ってみてから変更することもできます。

 

 

スノーボード板に取り付ける

ビンディングに付属している丸い穴の開いた「ディスク」にワッシャーとビスを通し、アングルとスタンスを決めてビスで取り付けします。取り付ける場合はビスが止まるまで回し、しっかりと固定します。ビスを入れるディスクの穴は複数個ありますが、スノーボードの板を先端から見て、板の中心にブーツの中心が来るように、実際にブーツをビンディングに装着し確認しましょう。ビスの締め付けが甘いと、アングルが変わったりと危険なため、しっかりとビスが動かなくなるまで固定しましょう。